冬から春へ

今年もはや2か月が過ぎました。外はまだまだ寒いですが、子ども達は元気いっぱいです。

 

  

 

1月は、おもちつきやお正月の製作、公園でたこあげ等、お正月にちなんだ遊びをたくさん取り入れました。

 

  

 

日に日に成長する子ども達。製作の楽しみ方も子ども達によっていろいろです。

 

  

 

 

 

 

 

2月初旬には、鬼のお面作りと節分の豆まきをしました。今年も赤鬼がやってきました!

 

  

 

豆まきを楽しんでいたところに突然の鬼の登場。子ども達はびっくり!

 

  

 

鬼を見て泣きじゃくる子。紙で作った豆を鬼に向かって必死で投げる子。反応は様々です。

「おにはそと!」「ふくはうち!」

おにいちゃんが投げた豆が鬼に当たると、鬼はスッテーン!と転んで、逃げていきました。

 

  

 

立春とともに、少しずつ暖かい日も増えてきました。

天気の良い日に、みんなで春の草花をさがしに行こうね。

 

 

 

 

2月のテーマは「溶連菌感染症」「早寝・早起き」「急性中耳炎」について。園長コラムは「おもしろくて不思議な脳の話Part3~脳幹と小脳~」についてです。

まだまだ寒い日が続きます。毎年この時期はインフルエンザが流行ります。しかし、今年は新型コロナウイルス流行によりインフルエンザの感染が減っています。例年より私たちの感染予防が生活の一部になっていることもありますが、別では「ウイルス干渉」も一つの要因ではないかと言われています。ウイルス干渉とはあるウイルスが流行すると他のウイルスが流行しないというものです。ウイルス同士で奪い合いをして勝ち負けが出ているような状況です。しかし、その分細菌性の感染症やウイルスでもアルコールの利かないノロウイルスによる感染症は流行っている傾向にあります。これらの予防も手洗い・うがい・換気です。予防と細菌・ウイルスに負けない身体づくりを心がけましょう。

令和3年2月 ほけんだより

クリスマス会

「サンタさんきてほしいね。」「いつくるかな?」と子どもたちが楽しみにしていたクリスマス当日がやってきました。みんなでクリスマスの歌を歌い終えた頃、外から何かの音が聞こえてきました。ブルンブルン、ブルルン、ブルル・・・。「なんだろう?」とみんなが窓の外をのぞくと、なんと、バイクに乗ったサンタさんがいたのです!

 

   

 

「サンタさんに聞きたいことありますか?」と先生が聞くと

「なにいろがすきですか?」と質問する子、前に出たらはずかしくてモジモジする子など、

様々な反応にサンタさんは優しく応えてくれました。

 

   

 

一人一人にプレゼントが配られ、子どもたちは満足そう。

サンタさん、ありがとう!

 

   

 

サンタさんが帰った後は、スヌーズレンを楽しみました。美しい光やメロディーに

「わあ、きれい!」「すごいねえ。」と子どもたちから歓声があがっていました。

 

   

 

 

午後のおやつでは、クリスマスケーキ作りをしました。

 

 

 

生クリームをしぼって、好きなフルーツをトッピング。色とりどりのフルーツケーキを

みんなでおいしくいただきました。

 

 

 

 

12月のテーマは「冬のあせも・とびひ」「年末年始の急病は?」「RSウイルス感染症」について。園長コラムは「おもしろくて不思議な脳の話Part1」です。

12月も半ばとなり更に寒さが増し、おふとんやこたつが恋しくなる季節となりました。

寒くなると空気も乾燥してきます。ウイルスはそんな乾燥した空気が大好きです。

ウイルスを長時間とどめないためにも、部屋の加湿(40%~60%)をしっかり行いましょう。

令和2年度12月号ほけんだより

11月のテーマは「今日は何の日?」「インフルエンザと風邪は何が違うの?」です。

秋から冬へ移り変わりの時期。落ち葉拾いやどんぐり集めを楽しむ子どもたちの姿がみられます。

この時期は気温もグッと低くなるため体調が崩れやすくなる時期でもあります。菌やウイルスに負けない身体づくりをしましょう。

また、今月からほけんだよりに「園長コラム」が登場します。健康や育児に役立つお話をお届けします。第1回目の園長コラムは「ウイルスに勝つ「3つ」の対策」です。

 

令和2年度11月ほけんだより

10月のテーマは「脱臼、擦り傷の対応について」です。

季節が変わり、秋の空になりました。この季節は急な気温の変化に身体がついていかず大人も子どもも体調を崩しやすくなるとともに、外で遊ぶ機会も多くなるためケガも増えがちです。しかし、運動遊びは健康な身体をつくるために大切です。子どものケガの対応を知り、ケガを恐れることなく思いっきり身体を動かし丈夫な身体づくりをしましょう。

 

令和2年度10月号ほけんだより

朝晩が涼しくなり、少しずつ秋が深まっています。園前のプランターは夏野菜の収穫を終え、秋に向けて新しい苗を植えることにしました。この日は、プランターの土づくりです。

 

  

 

大きく伸びた夏野菜を抜きます。「ひっぱれるかな…?」「えいっつ!」

 

   

 

土をスコップで掘り起こし、きれいにします。「よいしょっ。」「できたかな…。」

肥料を入れて新しい土になりました。次は何を植えようかな?

 

 

運動会の練習も始まりました。まずは、かけっこ。

スタートラインに並んで「いちについて!」「よーい…」「……ドン!!」

 

 

 

 

 

 

「こっち。こっち。」とゴール側で先生達が声をかけます。走れ、走れ♪

見ている子ども達もいて、「がんばれ!がんばれ!」と応援していました。

 

 

 

 

保護者の皆さん、運動会当日を楽しみにしていてください!

 

 

9月の製作

楽しかった夏まつりが終わり、9月を迎えました。少しずつ秋らしくなり、外あそびや散歩の機会が増えてきました。運動あそびやリズムあそび、リトミック等を多く取り入れながら、10月の運動会の準備も進めていきたいと思います。

 

  

さて9月前半は製作を仕上げました。今回のテーマは秋をイメージした製作です。はさみで丸く切ったり、色画用紙を小さく切って丸い枠内にのり付けしたり、と様々です。いろいろなデザインの赤いりんごができました。壁に飾ったりんごを見て、「りんご、いっぱい!」「あかいねぇ。」と喜んでいました。

 

   

   

ピンクや白のコスモスはスタンプで色付けしました。段ボールでコスモスの花型を取り、そこに布を貼り付けて絵の具を染みこみやすくして、持ち手はペットボトルキャップで握りやすくしました。「きれいね。」「おはなばたけ♪」

 

  

とんぼは絵の具をローラーにつけて、コロコロ転がしながら色付けを楽しみました。壁面と室内に2種類のとんぼができました。空を飛ぶように見えるとんぼの姿に「とんぼ、とんでるね!」「たくさんいる。」と指をさして話していました。

 

 

   

 

天気のいい日には、散歩や外あそびに出かけて、秋の虫や葉っぱをたくさんみつけにいこうね♪

 

 

夏まつり

8月26日、待ちに待った夏まつり当日がやってきました。子ども達が作ったチケットを持って、

いざ夏まつり会場へ。たくさんのコーナーがあって、子ども達は大喜び♪

 

 

大きなボールプールでは、みんな大はしゃぎ。出たり入ったりしている子、ボールをさわって

楽しんでいる子もいました。

 

ボウリングのコーナーでは、そのままボールを転がしたり、手作りのスロープ台を使ったり、

いろいろな投げ方を楽しんでいました。

   

 

テラスではヨーヨーつりです。おたま等を使ってすくったり、つりざおで上手につりあげたり等、

つり方は様々。ヨーヨーが取れると「ほら、取れたよ!」と喜んでいました。

  

 

屋台は2歳以上児さん達がお店やさんになってくれました。

チケットを使って好きな食べ物を買いました。どれもおいしそう♪

 

給食は夏まつりの特別メニューです。「やたいとおなじ!」と言ってうれしそうに焼きそばや

焼きとうもろこし等を食べていました。

 

午睡後はすいか割りをしました。全員で順に棒でたたきましたが、なかなか割れません。最後に

3歳児さんがたたいて割ってくれました。「やった~!!」と、みんな大喜び。二つに割れたすいかのまわりにみんなが集まって、「すごいねえ。」「あかいね。」と言いながらのぞいていました。

丸一日、楽しんだ夏まつりでした。