管理栄養士・調理師・看護師・保育士で

ペースト食の学習会を開催しました。

 

医療的ケアの必要なお子さんは、

えん下に十分配慮することが大切です。

 

えん下やそしゃくが得意でない

お子さんの中には、食事の

滑らかさやえん下のしやすさに

十分配慮が必要な子どもさんもおられます。

 

ひとくちにペースト食と言ってもムース状、

マッシュ状など様々な形態があります。

特に、そのお子さんがしっかりと

飲み込める状態で提供しないと、

誤えんなど大きな事故に繋がるので、

調理師さんは、絶えず食べている様子を

見ながら保育士や看護師と連携します。

 

普通の食事を単に裏ごしするだけでなく、

喉の通りなども考えながら作るので、

技術も必要となるそうです。

また、「美味しい味」だけでなく、

「見た目もきれいに!」と色合いにも

こだわりを持って取り組んでいます。

 

 

第1回目は、ご家庭での食事作りの

負担軽減を目的に、市販品を多数取り寄せ、

職員が実食し、味や扱いやすさなどを

吟味し保護者さんに育児情報として

提供できるよう学習会をしました。

 

 

第2回目は、刻み食・ペーストなど

様々な形態の食事介助の仕方や

とろみ剤の種類や特徴などを

教えて頂きました。

 

この様に、職員研修を重ねながら

安心・安全な美味しい給食を

提供していきたいと思います。

 

 

今日は、みんなでお絵描き!

初めてマジックやクレパスを

使います。

 

 

0歳児には、ある程度太さのある

マジックの方が持ちやすいし、

書く時も、マジックの方が

紙の上をスイスイ滑るので

書きやすいですね。

 

もちろん、お口に入れないように

保育者がつきっきりで・・・

 

あらら~ご機嫌で書いていたけど

なんとお顔まで書いてしまいました!

 

思わず可愛くて写真を撮ってしまったけど

お母さん、ごめんなさい~

それは、午睡起きのこと。

小さな子が着替えの途中で

目に留まったブロックで遊び出した。

 

それを見ていたお兄ちゃんが、自分から

着替えをお手伝い・・・

普段から、きょうだいには面倒見のいい

お兄ちゃんだけど・・・

 

さすがに慣れていない子どもの着替えには

四苦八苦!

おまけにブロックで遊びだした。

少し様子を伺ってみたものの、

着替える気配がないのを察したのか?

 

「ボタンとめてあげるからね~」と

声をかけながら、少しずつ着替えを

手伝い始めた。

終わった時には、

「ふう~つかれたよ」と額に汗をかいていた。

 

ありがとう。優しいお兄ちゃん。

 

毎月避難訓練と消火訓練を

行っています。

 

今月は不審者訓練も行いました。

併設している病児病後児保育ハーティに

侵入した不審者を「さすまた」を使って・・・

この頃、保育園では不審者の情報で

子どもを安全な場所に誘導。

 

*防犯上、その様子は掲載しません。

 

保育園では、お子様方に給食を

提供する前に、必ず検食をします。

その検食をしていた

看護師が不審者に気づいて・・・

訓練なのに、口の中に入れたまま

必死に不審者の侵入を防いでくれました。

あっぱれ!

 

 

8/25 夏祭り!

今日は、オリーブ守山の夏祭り

祭り法被にねじり鉢巻き姿の0歳児

 

日々のごっこ遊びでしているお店屋さん

「いらっしゃいませ~

あいすくりーむはいかがですか?」

 

1歳児が使っても危なく無いように、

洗濯ばさみとプラスチックのスプーンで

トングを作りました。

 

日々の遊びの中では2~3歳児さんが

主に店番をしてくれていましたが、

いざ!本番・・・となった時には

1歳児さんが、ここぞとばかりに

張り切り、お店屋さんを上手に

切り盛りしてくれました。

今日の3歳児以上は、お客さんに

なり、夢中で遊びました。

 

 

 

そのトングを使ってたこ焼き屋さんも

出店です。

「はい。あ~んして」とたこ焼きを

食べさせてあげたり・・・

お財布からおもちゃのお金を出したり・・・

 

0歳児さんは、その様子を保育者に

抱かれて雰囲気を味わいました。

 

 

他には・・・

~ワニワニパニックコーナー ~

 

~ 魚つりコーナー ~

 

 

夏祭りも盛り上がり・・・

さあ~今から・・・という時には

残念ながら、0歳児さんはスヤスヤ~

 

夏祭りのフィナーレは・・・

スイカ割りです。

スイカを割ると、中からは星形の紙吹雪!

 

その頃、厨房では夏祭りにちなんで

給食づくり。

ちゃんと風味が味わえるように

とうもろこしは焼きました。

 

じゃこいりおにぎり

焼きそば

フランクルト

焼きとうもろこし

オクラの和え物

 

いつもと違って、ブッフェスタイルで!

 

これでおしまい!

今日のおやつはかき氷。

 

10時から15時までのロングラン夏祭り

これにて終了です!

『ねっこ』は、オリーブ守山保育園に隣接した

医療的ケアの必要なお子さんが通う施設です。

 

ねっこでは、作業江療法士、理学療法士

による機能訓練ポジショニング、能力の

向上を支援をしたり、入浴サービスなどを

受けることができます。

 

多機能障がい児通所支援オリーブのねっこ (olive-nekko.jp)

 

職員同士は、避難訓練や研修会など合同で

活動をする事があります。

 

今日は、子ども同士集まり、

ミュージックケアを合同で遊びました。

~音楽に合わせて体を動かす~

*ミュージックケアのねらい*

音楽の特性を生かして、心身に快い刺激を

与え、対人的な関係の質を向上させ、

情緒の回復や安定を図る。

 

 

 

保育士を目指す学生さんが、

就職活動の為に園見学を

始める時期となりました。

 

今日は、1人の学生さんが園見学に

来られました。

 

彼女は、2020年に放送された

テレメンタリー2020を見て

「いざ!就活」となった時に

一番に当園の見学に来てくださったとのこと。

 

オリーブ守山保育園が保育の柱として

掲げている『インクルーシブ保育』に共感して、

かなり遠い所から見学に来てくださいました。

 

保育内容に共感して来て頂いた事は、

嬉しい限りでした。

 

 

『みんな一緒だけど、みんな一緒じゃなくてもいいんだよ』

『違いがあるからこそ、みんな一緒なんだよ』と

医療的ケアの必要な子ども達と一緒に

過ごすことで感じて欲しいと思います。

 

インクルーシブ保育に興味や関心のある方は

是非、遊びに来てくださいね。

 

入園希望の方も・・・

保育士として働きたい方も・・・

 

大募集中です。

 

 

【お問合せ先】

*オリーブ守山保育園 太田まで*

電話:077‐514‐1539

 

テレメンタリー2020「保育園に行きたいな−医療的ケア児と共に生きる-」20200525 – 動画 Dailymotion

 

 

毎年1000人増の医療的なケアが必要な子どもたち 共に生きる社会を考える – Bing video

1歳児と3歳児の姉妹。

しっかり者の妹と心優しいお姉さん。

姉妹間では、お姉さんの方が甘えん坊で

一番にお母さんに抱きついている姿を

よく見かける。

 

今日は、地域の方が当日に収穫した野菜を

運んで来てくれる日です。

 

家では甘えん坊だけど、ホントは

しっかり者のお姉ちゃんは、

地域の方に代わって、

「いらっしゃい!」「なんのやさいがいいですか?」と

大きな声で売り手をしてくれる。

お金を受け取ったり、野菜を渡したり・・・

楽しそうです。

 

でも、彼女が野菜を渡そうとしているのを

いきなり横から小さな子がやってきて、

野菜を無理やり取り上げられても

笑顔の彼女・・・

 

優しい彼女は、

「ちいさなこどもだからしかたない!」って

全ての子ども達に譲ってくれている。

 

いっぱい遊んで疲れて、ぐっすり眠っている。

遊ぶ時は、別々に行動する時も多いけど

やっぱり姉妹は仲良し・・・

二人仲良く並んでお昼寝タイム!

 

 

全国的にコロナ感染拡大期に入り、

滋賀県でもまん延防止等重点措置等

(医療体制非常事態)宣言が発令

されました。

 

現在の感染拡大防止対策について|滋賀県ホームページ (shiga.lg.jp)

 

マスク着用や玩具などの消毒に始まり

消毒に終わる毎日・・・

 

職員も、マスクを外す昼食時の感染リスクが

増えるということで、消毒やマスク着用の徹底

に加え、休憩場所の分散化、二酸化炭素濃度計

の活用等に取り組んでいます。

 

 

本来なら、保育園の休憩室は保育士さんの

コミュニケーションの場。

 

家庭での面白話や晩御飯の話など

ついつい声が大きくなって

「静かに!」と言わないといけない程。

 

でも今は、測定器で確認しながら

静かに食べる。

 

1日も早く、大声で笑いながら、

みんなでご飯が食べられる様になって

欲しいと切に願う。