6/18 思わぬアクシデント!

久しぶりに少し涼しかったので、散歩に行くことにしました。

 

いつもの散歩コースは、田んぼの横を

通ります。

そこには、オタマジャクシがたくさんいるのを

見ていましたが、なかなか所有者の方に

会えず、田んぼの中に入ることが

できませんでした。

 

 

ようやく所有者の方に、出会った時に、

「ケガの無いようにしてくれるなら、いつでも

勝手に入っていいよ~」と

おっしゃってくださったが、

一応お名前と電話番号をお聞きしておきました。

 

 

早速、朝から電話すると

「もう明日には、水を抜くよ~」とのこと。

 

エライこっちゃ~

 

 

慌てて2~3歳児5名と保育者3名で田んぼに急行!

 

駆けつけてくださった所有者の方にご挨拶して

 

いざ!

 

子ども達も大喜び!

 

大漁捕獲スポット 発見!

 

2歳児の1すくいでも、こんな感じ!

 

きゃ~

あらら~振り返った瞬間にズボッ!

 

思わぬアクシデントに

「さあ~保育園に帰って、キレイに洗おう!」

 

園に戻り、水遊びも兼ねて洗濯ごっこ。

「おかあさん、喜んでくれるかな?」

と言いつつ、洗っているのは、殆ど汚れていない帽子のみ。

さすがに服や靴は洗うのが大変ですから…

 

子ども達もフルパワーで遊んだ一日でした。

オタマジャクシ採りを通して、

地域の方とじっくり話す機会が持てたことは

園にとって良い機会でした。

 

他の園に勤めていた数十年前なら、

田んぼに入るのにわざわざ許可はとらず

勝手に入っていました。

「保育園さん、また来たんやなぁ~」と

地域の方も黙って見守ってくださっていました。

 

でも、その気持ちに甘えて、いつの間にか

あぜを崩したり、稲を傷めたりしても

「子どもだから仕方がない」と

当たり前のように思っていたのかもしれません。

 

 

気が付くと、田んぼの中に入らないで欲しいと

言われるようになりました。

「田んぼに入ってはいけない!網を入れてはいけない!」は

当時勤めていた園だけでなく、今ではどこの園でも当たり前のこと。

 

もちろん、地域の方にご迷惑をおかけするのは

本意ではないけれど・・・

互いの遠慮や怪我したら大変!等など

ひと昔前とは違い、社会事情も

変わってきているので、

「子どもの為に善かれ!」と互いに思っていても

それが難しい時もありますね・・・

 

これからも子ども達には、地域の方のお力も

お借りしながら様々な原体験をさせて

あげたいと思います。

 

地域の方々・・・

これからもオリーブの子どもたちを

よろしくお願いいたします。

 

 

お問い合わせお待ちしています
Wait Contact

〒524-0022
滋賀県守山市
守山6丁目8番15-1号

077-514-1539(TEL)

077-514-1538(FAX)

わからないことがございましたら、お気軽にメールまたはお電話からのお問い合わせお待ちしております。

    お問い合わせ種類 保育園について病児病後児保育ハーティについて
    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    問い合わせ内容

    上記すべて必須事項となっております。